# 初めてのmicro:bit v2利用(MacOSのPC)




本ドキュメントは、初めてmicro:bit v2を利用する際に、必要な機材、必要な事前準備、操作等を詳しく紹介します。初心者の方でも扱えるように、細かい操作等も記載しています。
また、MacOSのPCを使用する前提の手順であり,ご注意ください。

※ Chromebookご利用の方は「利用方法(Chromebook)」をご覧ください。
※ タブレット・スマートフォンご利用の方は「利用方法(iOS、Android)」をご覧ください。




# 必要な機材


No. 名称 個数 HW/SW 用途 補足
01 micro:bit(v2)本体 1 HW プログラミング・操作用
02 micro:bit(v2)用 ケース 1 HW micro:bit保護
04 micro:bit用 電池ボックス 1 HW micro:bitへの電源供給 単4型電池 ✖️2 タイプを想定
05 単4型乾電池 2 HW micro:bitへの電源供給
06 MacOSのPC 1 HW MakeCode操作用
07 USB変換コネクター 1 HW PC接続用 No.03のUSBケーブルがType-Aの場合、TypeC ⇄ TypeA
08 Google Chrome 1 SW MakeCodeアクセス用
09 キーボード 1 HW PC操作用 デスクトップ型PCの場合のみ必要
10 マウス 1 HW PC操作用 デスクトップ型PCの場合のみ必要

※ HW:ハードウェア、SW:ソフトウェア
※ Google Chromeは、Google社が提供しているブラウザ。ダウンロードはGoogle Chromeの公式ウェブページ (opens new window)で可能です。
※ MakeCodeは、MicroSoft社が提供しているmicro:bitプログラミングできるオンラインソフトウェアです。詳細は「micro:bitのプログラミングで利用するソフトウェア」をご参照ください。

TIP

必要な機材を準備するにあたって、micro:bit(v2)本体、専用シリコンケース、USBケーブル、電池ボックス、それらを収納する専用バッグをまとめた当社のセット製品「micro:bit basic」 (opens new window)をおすすめします。

また、当社micro:bit専門ストア「イフティニー ストア(iftiny store)」 (opens new window)にて、各種micro:bit関連製品の販売をしております。

micro:bit専門ストア (opens new window)



# 概要と所用時間


実施項目 概要 所用時間
事前準備 事前に必要な準備と確認 5分
購入後デフォルト状態の確認 購入直後の状態でmicro:bit各種機能を確認 10分
初めてのプログラミング 簡単なゲームをプログラミングし、micro:bitに動作させる 20分
利用後 プログラミング完了後の作業 5分
合計時間 40分


# 事前準備


WARNING

操作する前に「micro:bitの扱い方と注意事項」をご覧ください。

  • 収納バッグよりmicro:bit(マイクロビット)、電池ボックス、USBケーブルを取り出す

  • micro:bit(マイクロビット)の故障を防ぐため、micro:bit(マイクロビット)にケースを装着する

  • 電池ボックスの蓋をスライドして開ける

  • 電池ボックスに市販の単4型乾電池をセットし、電池ボックスの蓋を閉める

  • 電池ボックスのケーブルをmicro:bit(マイクロビット)の電池バッテリーコネクター(白)に挿入

  • 電池ボックスの電源スイッチをON



# 購入デフォルト状態の確認


No. 概要 手順 確認
01 オープンニング 電池ボックスの電源スイッチをオンされると、オープンニングの音声と合わせて、動的にディスプレイLEDが光る。 「HELLO」とスマイルマークが表示される。
02 ボタンのテスト 「←」と「A」が表示され、「Aボタン」を一回押す。 リアクションの音声とLEDの変化がある。
03 ボタンのテスト 「→」と「B」が表示され、「Bボタン」を一回押す。 リアクションの音声とLEDの変化がある。
04 加速度センサーを使ったシェークゲーム LEDに「SHAKE!」が表示され、micro:bit本体をいシェークする、シェークすると、リアクションの音声とLEDの変化がある。 3回思いっきりシェークすると、リアクションの音声が最大限になり、確認が終了。
05 加速度センサーを使った傾きゲーム LEDに「TILT」が表示され、ゲームが始まります。micro:bit本体を様々な角度に傾きながら、LEDディスプレイに表示されているドットを、目標地とする点滅のドットに移動。 3回成功する。
06 マイクを使った手を叩くゲーム LEDに「ClAP!」が表示され、マイクのランプが光ります。マイクが拍手の音を検知できるようにまります。拍手のように、両手を一回叩き、LEDディスプレイが「1」と表示し、それを5回繰り返す。 5回成功すると「WOW!」が表示される。
07 加速度センサーを使ったドットゲーム micro:bit本体を様々な角度に傾きながら、LEDディスプレイに表示されているドットを、目標地とする点滅のドットに移動します。目標地のドッドに当たると、ドットがくっ付いて列となって一緒に動きます。繰り返し4つのドットをくっ付けるとゲームが終了。 ゲームが終了すると、「GAME OVER!」と「SCORE:4」が表示されます。以降このゲームが繰り返す。
08 リセットボタンを使ってリセット micro:bit本体背面の「リセット・電源ボタン」を一回クリック。 問題なく状態がリセットされ、No.01のオープンニングに戻る。
09 電源OFF 電池ボックスの電源スイッチをOFF。 LEDディスプレイの表示が消える。
10 電池ボックスの抜取り 電池ボックスのケーブルをmicro:bit(マイクロビット)の電池「バッテリーコネクター」(白)から取り外す。


# 初めてのプログラミング


ここから、いよいよmicro:bit(マイクロビット)を使ったプログラミングを行います。 本手順では、LEDディスプレイにハートビートのように、大きなハートマークと小さなハートマークを交互に表示するプログラミングをします。 MakeCodeでブロックを動かして、ビジュアルプログラミングを行い、その結果をmicro:bitに転送し、micro:bitでハートビート表示を実現させます。

No. 画像                                    手順 確認
01 mac-programming-01 Google Chromeを開き、https://makecode.microbit.org/ (opens new window)にアクセス。 makecodeのmicro:bit用画面が表示される。
02 mac-programming-02 新しいプロジェクトをクリック。 プロジェクトの名前を入力するウィンドウが表示される。
03 mac-programming-03 プロジェクトの名前に「初めてのプログラミング」を入力し、「作成」ボタンをクリック。 プロジェクトを作成。
04 mac-programming-04 MakeCodeでプロジェクト「初めてのプログラミング」の画面が表示される。デフォルトでは、ブロック(ビジュアルプログラミング)モードとなっている。 プロジェクト名を確認して、この画面でプログラミングを行なっていく。
05 mac-programming-05 ブロックエリアの「基本」のブロックの中から、「アイコンを表示」ブロックを選ぶ。
06 mac-programming-06 「アイコンを表示」ブロックをプログラミングエリアの「ずっと」ブロックの中にドロップ。 「アイコンを表示」ブロックが「ずっと」ブロックの中に嵌め込んだことを確認。
07 mac-programming-07 もう一度ブロックエリアの「基本」のブロックの中から、「アイコンを表示」ブロックを選ぶ。
08 mac-programming-08 もう一度「アイコンを表示」ブロックをプログラミングエリアの「ずっと」ブロックの中にドラッグ&ドロップ。 「アイコンを表示」ブロックが「ずっと」ブロックの中に嵌め込んだことを確認。
09 mac-programming-09 No.8で操作した「アイコンを表示」ブロックのアイコンを小さいハートマークに変更。
10 mac-programming-10 「アイコンを表示」ブロックが正しく変更されたことを確認
11 mac-programming-11 プログラミングエリアの「最初だけ」ブロックを削除
12 mac-programming-12 「最初だけ」ブロックが削除されたことを確認し、ここでプログラミングが完了。
13 microUSBの挿入する方向を確認し(microUSBは方向性があるため)、USBケーブルのmicroUSB側を、micro:bitのmicro USBコネクタに接続する。 ここからプログラムをmicro:bitに書き込む操作を行う。
14 USBケーブルのTypeA側を、PCのUSBに接続する。 USBケーブルの接続口がPC対応していない場合、USB変換コネクターを装着するなど、接続口を変換する必要がある。
15 mac-programming-15 Finderを起動する。 「場所」より「MICROBIT」が接続されたことを確認。
16 mac-programming-16 MICROBITドライブを開く。 ドライブの中が表示される。
17 mac-programming-17 「・・・」ボタンをクリックし、メンニューから「デバイスを接続する」をクリック。 「接続してワンクリック書き込み」のウィンドが表示される。
18 mac-programming-18 「接続してワンクリック書き込み」のウィンドが表示され、「デバイスを接続する」をクリックすし、ブラウザのWebUSB機能を使って、ブラウザとmicro:bitの接続操作を行う。 Chromeのウィンドが表示される。
19 mac-programming-19 ChromeのWebUSB接続ウィンドが表示され、接続するデバイス「BBC micro:bit CMSIS-DAP」をクリックして選択し、「接続」ボタンをクリック。 Chromeのウィンドが消え、ブラウザとmicro:bitの接続が完了。
20 mac-programming-20 MakeCodeの画面に戻り、 ブラウザとmicro:bitの接続ができたことを確認。ここからはプログラムをmicro:bitに書き込む操作を行う。
21 mac-programming-21 「・・・」ボタンをクリックし、メンニューから「micro:bitに保存する」をクリック。 メニューが消える。
22 mac-programming-22 「ダウンロード」ボタンの表記が変わったこと確認。
23 mac-programming-23 MakeCodeの画面に「ダウンロードしています...」が表示され、完了すると元の画面に戻る。micro:bitへのプログラム書き込みが完了。
24 mac-programming-26 ここからは、PCとmicro:bitの接続を安全に切断するための操作を行う。Finderを起動し、「場所」の「MICROBIT」右の「停止マーク」をクリックし、PCとmicro:bitの接続を切断。 「場所」のMICROBITの表記が消えることを確認。
25 PCとmicro:bit接続用USBケーブルを取り外す。 作業完了。
参考 mac-programming-28 MakeCode(ブラウザ)にプロジェクト「初めてのプログラミング」が保存されたため、次回MakeCodeにアクセスする時に、再び作成したプロジェクトを開くことが可能です。
参考 mac-programming-24 Chromeブラウザアドレスバーの鍵マークをクリックし、「BBC micro:bit CMSIS-DAP」の右の「✖️」をクリックし、ブラウザとデバイスのWebUSB接続を切断させることができる。 ※ 同じPCで今後も使うことがある場合、この操作を行う必要がありません。


# 利用後


  • 電池ボックスの電源スイッチがOFFになっていることを確認し、電池を取り出します。

  • micro:bit(マイクロビット)、電池ボックス、USBケーブルを収納バッグに収納します。



Last Updated: 10/5/2021, 11:27:00 AM