# micro:bit v2の扱い方と注意事項




WARNING

micro:bit(マイクロビット)は教育用途して頑丈に作られていますが、同時に電子基盤であるため、取扱いについて様々な注意事項があります。 ぜひご利用する前にご一読ください。




# micro:bitの扱い方



# 静電気に注意


micro:bit(マイクロビット)自体は、動作電圧が低いため、触って感電する危険性が低いです。
しかし、他の電子基盤と同様に、静電気には弱いです。静電気がある状態で、micro:bit(マイクロビット)を触れると、 電子回路に致命的なダメージを与えることがあります。 micro:bit(マイクロビット)を触る前に、必ず、金属等に触って静電気を逃す習慣をつけてください。 また、micro:bit(マイクロビット)を手に取るときに、プリントやチップなどの部分ではなく、両端を挟む形で持つようにしてください。
当社では、扱いやすい専用シリコンケースを付属したセット(「micro:bit basic」 (opens new window))をご用意していますので、ぜひご検討ください。

# 水に注意


micro:bit(マイクロビット)は、他の電子機器と同様に水に弱いです。 水分を十分に取れていない手で本体を触らないように気をつけてください。

# 電池バッテリに関する注意


micro:bit(マイクロビット)のバッテリコネクターに接続する電池ボックスについて、 3Vを想定しているため、必ず単三電池・単四乾電池2本のタイプを利用してくだい。
充電池を使わないでください。(マンガン電池とアルカリ電池のどちらでも利用可能) (乾電池の電圧は1.5Vに対して、充電池は1.2V)
micro:bit(マイクロビット)のバッテリコネクターはJST製を使っているため、 JST製コネクター(PH2.0)を使っている電池ボックスを購入してください。 (同じサイズのコネクターでもサイズに微妙の違いにより、挿し抜きが難しい場合があります)
また、電池ボックスはスイッチ付きのタイプを利用することをおすすめします。

# USB接続に関する注意


micro:bit(マイクロビット)はUSBケーブルを使って、PCと接続することができます。
micro:bit(マイクロビット)はMicro USB Type-Bで、データ通信用USBケーブルであれば利用可能です。
PC側では、USB Type-Aコネクター対応製品が多いのですが、USB Type-CのポートしかないPCもあります。 それに合わせて、USBケーブルを用意する必要があります。 また、一般的なデータ通信用USBケーブル(USB Type-A ⇄ USB Type-B)を用意し、Type-cの変換アダプタ(USB Type-c ⇄ USB Type-A)を別途用意することでの対応も可能です。
注意事項として、充電用USBケーブルは利用できません。 通常では、充電専用USBケーブルとデータ通信ケーブルの見分けは非常に難しく、 データの書き込みが行えない場合、USBケーブルも確認してください。
また、micro:bit(マイクロビット)の仕様は 1.8V〜3.6V となっています。 携帯電話等急速充電用途のバッテリーに接続しないでください。出力が高い場合多いため、故障の原因となります。 同じ理由で、PCの急速充電対応USBポートへの接続もしないでください。

Last Updated: 5/2/2021, 6:22:13 PM