# micro:bit v2のリセットと初期化




本ドキュメントは、micro:bit(マイクロビット)をリセットと初期化する方法を詳しく紹介します。
リセットは以下二つのパターンがあり、それぞれについて紹介します。

- ユーザがプログラミングしたアプリケーションを再起動するリセット
(現在利用中プログラムのリセット)
 現在動作しているプログラムを最初から起動し直しの時など、利用する操作です。

- 工場出荷時状態に戻すリセット(初期化)
(工場出荷状態のリセット)
 新しい学年の利用が新たに開始した時など、micro:bitを初期状態に戻すための操作です。




# 本ドキュメントの目的


  • micro:bit(マイクロビット)の現在利用中プログラムのリセット方法の把握
  • micro:bit(マイクロビット)の工場出荷状態のリセット方法の把握



# 現在利用中プログラムのリセット


現在利用中のプログラムをリセットする方法は二つあります。
どちらでも、ユーザがプログラミングして、現在micro:bitに保存したプログラムが消えることがありません。

# リセット方法1

micro:bit(マイクロビット)の背面にあるリセットボタンを一回押すだけ、 micro:bitの状態がリセットされ、初めからプログラムが動作します。

# リセット方法2

micro:bit(マイクロビット)の電池ボックスの電源スイッチをOFFしてから、 もう一回ONをすることで、micro:bitを再起動させます。 micro:bitの状態がリセットされ、初めからプログラムが動作します。




# 工場出荷状態のリセット(初期化)


ユーザがmicro:bitに保存したプログラムを消して、micro:bitを工場出荷時の状態に戻すときに、 以下の方法で行うことができます。

TIP

micro:bitでは、真新しい状態で箱から出して電源ONした場合、初期のデモンストレーションプログラムが実施されます。 これを「Out Of the Box experience」(OOB)と呼ばれています。

OOBを利用することで、micro:bitの諸機能を簡単に体験することができます。
初めてmicro:bitをご利用するユーザは一度使うことがをお勧めします。

しかし、一度ユーザがプログラミングしたプログラムをmicro:bitに保存すると、 この機能を使えなくなります。
そのため、micro:bitを複数のユーザに利用させる場合、 このリセット方法を使って、OOBを使えるように戻します。



# リセット(初期化)方法


MacOSのPCを利用する場合の例として、リセットの手順は以下です。
No. 画像                                    手順 確認
01 mac-programming-01 micro:bit V2の「OutOfBoxExperience.hex」をダウンロードします。 Micro:bit教育財団より提供されている「OutOfBoxExperience.hex」ファイルのダウンロードは、Micro:bit教育財団の関連ウェブページ (opens new window)より入手ができます。こちら (opens new window)からでも直接ダウンロードできます。
02 mac-programming-02 micro:bitをPCにUSBケーブルで接続し、認識されたMICROBITディスクを開きます。 OSで、micro:bitを外部ディスクとして認識されたことを確認します。画像はMacOSの例です。
03 mac-programming-03 ダウンロードしたファイルをフォルダの中にコピー、またはドロップします。 ファイルがコピーされたことを確認します。
04 ファイルのコピーが終えると、「Out Of the Box experience」(OOB)が動作し始めることを確認します。
05 mac-programming-05 micro:bitとPCの接続を切断します。 接続を切断されたことを確認します。
06 USBケーブルをPC及びmicro:bitから抜きます。



Last Updated: 5/21/2021, 4:10:22 PM