# micro:bit v2のプログラミングで利用するソフトウェア




micro:bit(マイクロビット)のプログラミングは、様々なソフトウェアを利用することが可能です。 以下、よく使われるソフトウェアとその特性、また向いている用途に関する情報を掲載をしています。


# 利用できるソフトウェアの一覧



ソフトウェア プログラミング学習ターゲット 入手方法 対応OS 利用方法 費用 ビジュアルコーディング対応 テキストコーディング対応
MakeCode 初中級 MakeCodeのウェブページ (opens new window) 、またはWindowsPCで専用アプリをインストールwindows (opens new window) (ウェブページ)MacOS,Windows,Chromebookなど、(アプリ)Windows ブラウザでウェブページにアクセスして利用、またはWindows専用アプリでの利用 無料 対応 Javascript,Pythonn
micro:bitアプリ 初中級 アプリストアからインストール
iOS (opens new window) Android (opens new window)
iOS, Android アプリ利用(MakeCodeの画面) 無料 対応 Javascript,Pythonn
Python Editor 中上級 Python Editorのウェブページ (opens new window) MacOS,Windows,Chromebookなど ブラウザでウェブページにアクセスして利用 無料 非対応 Micro Pythonn
Mu 中上級 Muのウェブページ (opens new window) MacOS,Windows PCにインストール 無料 非対応 Micro Pythonn
Scratch 初中級 Scratchのウェブページ (opens new window) MacOS,Windows,Chromebook,Android ブラウザでウェブページにアクセスして利用、またはPCにインストール 無料 対応 非対応
Swift Playgrounds 初中級 アプリストアからインストール
iOS (opens new window) MacOS (opens new window)
iOS アプリ利用 無料 非対応 Swift

上記以外にも、EduBlocks、Arm mbed、Mind+など多くのmicro:bit(マイクロビット)対応エディターがあります。

# ソフトウェアの概要



# MakeCode


  • PCでのプログラミングを予定している初心者の方は、こちらの利用をおすすめします。

  • micro:bit(マイクロビット)のソフトウェアとして、最も利用されているのはMakeCodeです。

  • MakeCodeはMicrosot社が提供しているオープンソースのプログラミング学習プラットフォームです。

  • ブラウザでMakeCodeのウェブページ (opens new window)にアクセスすることで、ビジュアルコーディングとテキストコーディングの2種類のエディタを切り替えながら、プログラミングができます。

  • WindowsPCの場合、MakeCode アプリ (opens new window)をインストールして利用が可能です。

  • テキストコーディングはJavaScriptとPythonを選択することが可能です。

  • micro:bit(マイクロビット)以外の多くのプログラミング教育デバイスも利用可能です。

  • 当社のmicro:bit(マイクロビット)関連ドキュメントは基本的にMakeCodeを利用した手順で記載します。

  • 日本語対応です。

※ MakeCodeのPythonは、Python3やMicroPythonとも異なります。
※ 詳細はmicro:bitの該当公式ウェブページ (opens new window)をご覧ください。


新たにプロジェクトを作成すると以下の画面が表示されます。
この画面上でプログラミングを行っていきます。

makecode initial



# micro:bitアプリ


  • タブレット端末やスマートフォンでのプログラミングを予定している初心者の方は、こちらの利用をおすすめします。

  • 利用するにあたって、micro:bitアプリをタブレット端末やスマートフォンにインストールする必要があります。

  • iOS (opens new window)Android (opens new window)両方での利用が可能です。

  • プログラミングの画面は、MakeCodeを使っているので、MakeCodeを使っている方なら、違和感なく利用できます。

  • micro:bitアプリを利用して、タブレット端末やスマートフォンとmicro:bit(マイクロビット)をBluetoothで接続可能です。

  • PCでMakeCodeを利用するのと同様で、micro:bit(マイクロビット)へのデータの書き込み等が可能です。

  • テキストコーディングはJavaScriptとPythonを選択することが可能です。

  • プログラミングの画面は日本語対応です。



アプリのトップ画面、及び新たにプロジェクトを作成すると以下の画面が表示されます。
この画面上でプログラミングを行っていきます。

micro:bit app initial



# Python Editor


  • MicroPythonでテキストプログラミングをチャレンジしたい初心者の方は、こちらの利用をおすすめします。

  • micro:bit(マイクロビット)のテキストベースのプログラミングコーディングでは、Python Editorが多く使われています。

  • ブラウザでPython Editor for micro:bitのウェブページ (opens new window)にアクセスすることで、ビジュアルコーディングとテキストコーディングの2種類のエディタを切り替えながら、プログラミングができます。

  • MicroPythonを使ってプログラミングをします。

  • MicroPythonは、micro:bit(マイクロビット)以外に、Arduino、Raspberry Pi、M5Stackなど様々なデバイスのプログラミングに使えるため、学習したスキルの応用がしやすいです。

  • micro:bit(マイクロビット)へのデータ書き込みはソフトから行えず、一度PCにダウンロードしてから、micro:bit(マイクロビット)ドライブにコピーする必要があります。

  • メニューは英語です。設定を行うことで (opens new window)日本語化ができます。



MicroPython(マイクロパイソン) (opens new window)は、C言語で記述されマイクロコントローラ上での動作に最適化された、Python 3と高い互換性を持つプログラミング言語です。 ※ 2016年にはBBC Micro:bit 向けバージョンのMicroPythonが、BBCとのMicro Bitパートナーシップの一環としてPythonソフトウェア財団により開発された。


新規にアクセスすると以下の画面が表示されます。
この画面上でプログラミングを行っていきます。

Python Editer initial



# Mu Editor


  • MicroPythonでテキストプログラミングをオフラインエディタでチャレンジしたい方、Raspberry Pi、Arduino、M5Stackなどもチャレンジしたい方は、こちらの利用をおすすめします。

  • MicroPythonの公式ドキュメント (opens new window)では、micro:bit(マイクロビット)でMicroPythonプログラミングの場合、エディタはMuを推奨しています。

  • micro:bit(マイクロビット)だけではなく、Raspberry Pi、Arduino、M5Stackなど様々なデバイスのプログラミングに使えるため、ソフトウェアの使い分けの必要がなく、同じMuエディタを使って様々なデバイスのプログラミンができます。

  • PCにインストーラをダウンロード (opens new window)し、インストールすることで、テキストコーディングができます。

  • メニューは日本語で表示可能です。



MicroPython(マイクロパイソン) (opens new window)は、C言語で記述されマイクロコントローラ上での動作に最適化された、Python 3と高い互換性を持つプログラミング言語です。 ※ 2016年にはBBC Micro:bit 向けバージョンのMicroPythonが、BBCとのMicro Bitパートナーシップの一環としてPythonソフトウェア財団により開発されました。


Mu Editer initial



# Scratch


  • 慣れたScratchを使って、micro:bit(マイクロビット)のプログラミングをしたい方むけです。

  • ビジュアルコーディングのみで利用ができます。

  • ブラウザでの利用 (opens new window)(オンライン)とPCにインストール (opens new window)(オフライン)の両方の利用が可能ですどちらの方法でも、PCにScratch Link (opens new window)のインストールが必要です。

  • Scratch内部でな、Scratch Linkを使って、micro:bitとの接続を行います。

  • メニューは日本語で表示可能です。


新規にアクセスすると以下の画面が表示されます。
この画面上でプログラミングを行っていきます。

scratch initial



# Swift Playgrounds


  • Swiftを使ったテキストコーディングをmicro:bit(マイクロビット)で行いたい方むけです。

  • iPad (opens new window)MacOS (opens new window)限定で利用が可能です。

  • アプリをインストールして利用します。

  • メニューや学習内容は英語です。


新規に利用するとプログラミング学習の最初の画面は以下です。
この画面上でプログラミングの学習を行っていきます。

swift playgrounds initial



Last Updated: 3/23/2021, 6:02:12 PM