# micro:bit v2のタッチセンサーの基本




本ドキュメントは、初めてmicro:bitのタッチセンサーを利用する際に必要な機材や事前準備、動作イメージを端末の画面上で確認できるシミュレーター、プログラムサンプル等を記載しています。また、中上級者向けの製品詳細仕様情報も確認できます。




# 本ドキュメントの目的


  • micro:bit(マイクロビット)のタッチセンサーの仕様の把握
  • micro:bit(マイクロビット)のタッチセンサーに関するプログラミング方法の基本の把握


# 製品の詳細仕様


# タッチセンサー(Touch sensor)の詳細仕様


タッチセンサー(Touch sensor)のハードウェア

micro:bit(マイクロビット)は、前面のロゴとエッジコネクターの0、1、2はタッチセンサーとしても使用できます。
前面のゴールド色のロゴタッチセンサーはV2からの新機能です。 タッチロゴは静電容量式タッチを使用しています。電場の小さな変化を検知して、携帯電話やタブレットの画面と同じように、指がいつ押しているかを認識します。 ボタンのように押したときだけでなく、最初に触れたとき、離したとき、長く押したときにも、プログラムのイベントトリガーとして利用ができます。

ロゴのタッチセンサーでは、以下の4種類の検知ができます。

  • 押された:ロゴにタッチして離した時(タッチと離すを一回の動作として検知します。長押しは検知しません。)
  • touched:ロゴにタッチしたままの時(タッチされていることを検知します。)
  • 離した:ロゴから離した時(タッチの状態から離したことを検知します。)
  • long pressed:ロゴを長押しして、はなした時(長押しから離すを一回の動作として検知します。短いタッチは検知しません。)

エッジコネクターのタッチセンサーでは、以下の1種類の検知ができます。

  • 押された:ロゴにタッチして離した時(タッチと離すを一回の動作として検知します。長押しは検知しません。)



# 必要な機材


# PC利用時に必要な機材

No. 名称 個数 HW/SW 用途 補足
01 micro:bit(v2)本体 1 HW プログラミング・操作用
02 micro:bit用 ケース 1 HW micro:bit保護
03 micro:bit用 USBケーブル 1 HW PCとの接続
04 micro:bit用 電池ボックス 1 HW micro:bitへの電源供給 単4型電池 ✖️2 タイプを想定
05 単4型乾電池 2 HW micro:bitへの電源供給
06 Chromebook、MacOS、WindowsのPC 1 HW MakeCode操作用
07 USB変換アダプタ 1 HW PC接続用 PCのUSBポートがType-Cのみの場合、TypeC ⇄ TypeA変換アダプタが必要
08 Google Chrome 1 SW MakeCodeアクセス用

# タブレット・スマートフォン利用時に必要な機材

No. 名称 個数 HW/SW 用途 補足
01 micro:bit(v2)本体 1 HW プログラミング・操作用
02 micro:bit用 ケース 1 HW micro:bit保護
03 micro:bit用 電池ボックス 1 HW micro:bitへの電源供給 単4型電池 ✖️2 タイプを想定
04 単4型乾電池 2 HW micro:bitへの電源供給
05 タブレット・スマートフォン 1 HW micro:bitアプリ操作用
06 micro:bit アプリ 1 SW micro:bitアプリ操作用

※ HW:ハードウェア、SW:ソフトウェア
※ Google Chromeは、Google社が提供しているブラウザ。ダウンロードはGoogle Chromeの公式ウェブページ (opens new window)で可能です。Chromebookでは、標準でインストールされています。
※ MakeCodeは、MicroSoft社が提供しているmicro:bitプログラミングできるオンラインソフトウェアです。詳細は「micro:bitのプログラミングで利用するソフトウェア」をご参照ください。

TIP

必要な機材を準備するにあたって、micro:bit(v2)本体、専用シリコンケース、USBケーブル、電池ボックス、それらを収納する専用バッグをまとめた当社のセット製品「micro:bit basic」 (opens new window)をおすすめします。

また、当社micro:bit専門ストア「イフティニー ストア(iftiny store)」 (opens new window)にて、各種micro:bit関連製品を販売をしております。

micro:bit専門ストア (opens new window)




# 概要と所用時間


実施項目 概要 所用時間
事前準備 事前に必要な準備と確認 5分
プログラミング 用意されている表示ブロックを使ってプログラミングし、micro:bitに動作させる 10分
利用後 プログラミング完了後の作業 3分
合計時間 18分



# 事前準備


WARNING

操作する前に「micro:bitの扱い方と注意事項」をご覧ください。

TIP

初めてmicro:bitを利用する方は、事前に以下のドキュメントをご覧ください。


  • micro:bit(マイクロビット)、電池ボックス、USBケーブルの準備

  • PCの場合、PCとブラウザを起動し、MakeCodeでプログラミングできる状態に準備
    タブレット・スマートフォンの場合、アプリを起動し、プログラミングできる状態に準備




# プログラミング




# 実現したいこと


micro:bit(マイクロビット)をストップウォッチのイメージで利用します。

  • ロゴをタッチし始めると、時間(ミリ秒単位)のカウントが始まります

  • 時間カウントしている間では、LEDディスプレイにチェックマークを表示します

  • ロゴから手を離すと、カウントが終了します

  • カウントが終了したタイミングでカウントした時間(秒単位)を表示します

  • その後、表示を消します

エッジコネクターをタッチすると顔マークが表示されます。(上記のストップウォッチと関係がなく、エッジコネクターをの利用例として掲載)

  • エッジコネクター「0」をタッチすると、嬉しい顔が表示されます
  • エッジコネクター「1」をタッチすると、悲しい顔が表示されます
  • エッジコネクター「2」をタッチすると、こまり顔が表示されます



# プログラミングのサンプル

以下は、上記プログラミング実施結果のサンプルです。
 ※ 以下を利用して、直接ご使用のmicro:bitにダウンロード(書き込み)することもできます。
  また、ご自分のMakecodeに保存することもできます。


# MakeCode ブロック



# MakeCode pythonコード


start_time_ms = 0
measured_time_ms = 0
measured_time_s = 0

def on_logo_touched():
    global measured_time_ms, start_time_ms
    measured_time_ms = 0
    start_time_ms = input.running_time()
    basic.show_icon(IconNames.YES)
input.on_logo_event(TouchButtonEvent.TOUCHED, on_logo_touched)

def on_logo_released():
    global measured_time_ms, measured_time_s
    measured_time_ms = input.running_time() - start_time_ms
    basic.clear_screen()
    measured_time_s = 0
    measured_time_s = measured_time_ms / 1000
    basic.show_number(measured_time_s)
input.on_logo_event(TouchButtonEvent.RELEASED, on_logo_released)

def on_pin_pressed_p0():
    basic.show_icon(IconNames.HAPPY)
input.on_pin_pressed(TouchPin.P0, on_pin_pressed_p0)

def on_pin_pressed_p1():
    basic.show_icon(IconNames.SAD)
input.on_pin_pressed(TouchPin.P1, on_pin_pressed_p1)

def on_pin_pressed_p2():
    basic.show_icon(IconNames.CONFUSED)
input.on_pin_pressed(TouchPin.P2, on_pin_pressed_p2)



# 利用後


# PCとmicro:bitの接続解除

  • PCをご利用の場合、この段階では、micro:bitは外部ストレージとして認識し、PCとmicro:bitが接続されたままの状態です。このままPCから取り外すとデータ破損等のリスクがあります。そのため、取り外す前に、接続を解除する必要があります。

  • OSごと、以下の手順にて、PCとmicro:bitの外部ストレージ接続の解除を行います。

  • Chromebookの場合:ファイルのマークをクリックした後、「MICROBIT」右の「停止マーク」をクリックし、PCとmicro:bitの接続を切断します。安全に接続解除ができたら、USBケーブルを取り外します。

    after-use-chromebook-01

  • Macの場合:Finderを起動した後、「場所」の「MICROBIT」右の「停止マーク」をクリックし、PCとmicro:bitの接続を切断します。安全に接続解除ができたら、USBケーブルを取り外します。

    after-use-mac-01

  • スマートフォンとタブレットの接続はBluetoothで行うため、上記のような外部ストレージ接続の解除を行う必要がありません。

# その他作業

  • 電池ボックスの電源スイッチがOFFになっていることを確認し、電池を取り出します。

  • micro:bit(マイクロビット)、電池ボックス、USBケーブルを収納バッグに収納します。

  • 必要に応じて、ブラウザの終了(PCの場合)、アプリの終了(タブレット・スマートフォン)、や端末のシャットダウンを実施します。



Last Updated: 7/30/2021, 5:24:42 AM