# 6.9 赤外線人感センサーモジュール







# モジュールの仕様

赤外線人感センサーモジュールのピン配置

項目 詳細
型番 PPYA-6000400173
動作電圧 3.3V / 5V
種類 デジタル
インターフェース PH2.0 4P
センサーモデル RDA224 デジタルパイロエレクトリックセンサー
(RDA224 digital pyroelectric sensor)
GND グランド(Ground)
NC 接続不要
OUT シングルバス デジタル信号出力
VCC 電源 3.3V / 5V
寸法 32mm x 32mm (モジュール本体)


  • 赤外線人感センサー モジュールは、人体から発せられる約10umの赤外線を検出することで機能する
  • 人が検知エリアに入ると、人体の赤外線が集光され、処理後にアラーム信号が生成され、ハイレベルを出力
  • そうでない場合はローレベルを出力
  • 表面にはフレネルレンズフィルターが取り付けられており、外部環境による検出への干渉を低減する



参考:本製品は、イフティニー ストアでお買い求めいただけます



当社はmicro:bitの公認正規販売店です。国内のmicro:bit利用推進を行っております。

micro:bit専門ストア「イフティニー ストア(iftiny store)」 (opens new window)にて、各種micro:bit関連製品の販売をしております。

micro:bit専門ストア (opens new window)







# モジュールを使ってみる




# ハードウェアの接続


赤外線人感センサーモジュールを拡張ボードに接続

上記の図に合わせて、モジュールと専用拡張ボードを接続します。


# プログラミング環境の準備


micro:bit(マイクロビット)のPythonのプログラミングは、Muエディターを利用します。
プログラミングを開始するにあたって、以下の準備を完了させる必要があります。

  • Muエディター(Mu Editor)のインストール
  • ワールド オブ モジュール(WOM)専用ライブラリのインポート

※ Muエディターは、お使いのパソコンで一回インストールすると、以降継続して利用が可能です。





# プログラミング方法


# 実現内容

  • 人が検出されると、マイクロビットのディスプレイに「1」を表示、それ以外の場合は、「0」を表示します。



# プログラミング例


# -*- coding: utf-8-*-# Encoding cookie added by Mu Editor
from microbit import *
import WOM_Sensor_Kit

while True:
    # Parameter definition: WOM_pir (pin) someone returns 1
    if (WOM_Sensor_Kit.WOM_pir(pin0)) == 1:
        display.show(1)
    else:
        display.show(0)



# コードの要点説明


from microbit import *
  • microbitライブラリのすべてをインポートします。
  • このステートメントは、microbitを使用する際に必要です。

import WOM_Sensor_Kit
  • 「ワールド オブ モジュール」用ライブラリをインポートします。
  • 「ワールド オブ モジュール」シリーズのモジュールを使用する場合は、このライブラリをインポートする必要があります。

while True:
    # Parameter definition: WOM_pir (pin) someone returns 1
    if (WOM_Sensor_Kit.WOM_pir(pin0)) == 1:
        display.show(1)
    else:
        display.show(0)
  • 無限ループで常時に検知し、人を検知したときに「1」を表示させます。
  • 人を検知していないときに「0」を表示させます。

    if (WOM_Sensor_Kit.WOM_pir(pin0)) == 1:
  • 人を検知した時に、WOM_Sensor_Kit.WOM_pir(pin0)の戻り値が「1」です。
  • 人を検知していない時に、WOM_Sensor_Kit.WOM_pir(pin0)の戻り値が「0」です。
  • ここでif文で、「人を検知した時に」の条件を設定します。

        display.show(1)
  • micro:bitのディスプレイに数字「1」を表示します。

    sleep(100)
  • 時間を指定して、処理を遅延させます。
  • ここでは、100s(ミリセカンド)を指定しています。



# プログラムサンプルファイル


下記のgithubページにて、上記プログラミング例のプログラムサンプルファイルをダウンロードするこが可能です。

サンプルプログラム:iftiny-wom-basic-human-body-detection.py (opens new window)


参考:ダウンロード方法


  • 上記githubウェブページを開く

  • Windowsの場合:ブラウザで該当ファイル名のリンクにて、右クリックし、「名前を付けてリンク先を保存」をクリックし、保存場所を指定してダウンロードする
  • Macの場合:ブラウザで該当ファイル名のリンクにて、右クリックし、「リンク先を別名で保存」をクリックし、保存場所を指定してダウンロードする
  • ChromeBookの場合:ブラウザで該当ファイル名のリンクにて、右クリックし、「名前を付けてリンク先を保存」をクリックし、保存場所を指定してダウンロードする



Last Updated: 3/31/2022, 3:13:17 PM