# 3.5 赤外線モジュール







# モジュールの仕様

赤外線モジュールのピン配置

項目 詳細
型番 PPYA-6000400172
動作電圧 3.3V / 5V
種類 デジタル
インターフェース PH2.0 4P
GND グランド(Ground)
NC 接続不要
OUT デジタル信号出力
VCC 電源 3.3V / 5V
寸法 32mm x 32mm (モジュール本体)


  • 赤外線モジュールは、物体の反射性を利用する。

  • 一定の範囲内で障害物があると、赤外線が障害物にぶつかり、反射してセンサー受信ピンに到達する

  • 受信ピンで受信した信号はデジタルセンサーインターフェースを介してmicro:bitに戻され、micro:bitはその戻り信号を使用して周囲環境の変化を識別

  • 接近センサーやロボットカーのライントラッキング等に利用が可能




参考:本製品は、イフティニー ストアでお買い求めいただけます



当社はmicro:bitの公認正規販売店です。国内のmicro:bit利用推進を行っております。

micro:bit専門ストア「イフティニー ストア(iftiny store)」 (opens new window)にて、各種micro:bit関連製品の販売をしております。

micro:bit専門ストア (opens new window)







# モジュールを使ってみる




# ハードウェアの接続




赤外線モジュールを拡張ボードに接続

上記の図に合わせて、モジュールと専用拡張ボードを接続します。


# プログラミング方法




# 前提:MakeCodeプロジェクトへのパッケージ追加


以下専用パッケージを追加する必要があります。
※ 本パッケージには、本もモジュール以外のモジュールで必要なブロックも含まれています。

  • 本モジュールが利用するパッケージ:https://github.com/YahboomTechnology/Module-World

参考:MakeCodeにパッケージを追加する方法


※ 追加するパッケージの指定を適切に替えてください。本モジュールの該当は、上記「本モジュールが利用するパッケージ」です。
※ 1つMakeCodeプロジェクトに一回のみ追加する必要があります。すでに追加済みのプロジェクトは再度追加する必要がありません。
※ 新たにMakeCodeプロジェクトを作成する際、再度追加する必要があります。




# 該当ブロックの場所


赤外線モジュール用MakeCodeブロック


# プログラミング例


  • MakeCodeにて新規のプロジェクトを作成する
  • 下記ブロックをプロジェクトで設置する
  • micro:bitにプログラムを書き込む
  • 近くに障害物を検出されると、マイクロビットのディスプレイに「1」が表示される

ブロックの説明

選択 内容
Obstacle 障害物あり
NoObstacle 障害物なし

赤外線モジュール用MakeCodeブロック

参考:プログラミング例で必要なその他ブロックの場所

その他必要なMakeCodeブロック


# プログラミング済みのサンプルファイル


下記のgithubページにて、上記プログラミング例のプログラムサンプルファイルをダウンロードするこが可能です。

microbit-Obstacle-detection.hex (opens new window)


参考:ダウンロード方法


  • 上記githubウェブページを開く

  • Windowsの場合:ブラウザで該当ファイル名のリンクにて、右クリックし、「名前を付けてリンク先を保存」をクリックし、保存場所を指定してダウンロードする
  • Macの場合:ブラウザで該当ファイル名のリンクにて、右クリックし、「リンク先を別名で保存」をクリックし、保存場所を指定してダウンロードする
  • ChromeBookの場合:ブラウザで該当ファイル名のリンクにて、右クリックし、「名前を付けてリンク先を保存」をクリックし、保存場所を指定してダウンロードする



Last Updated: 3/31/2022, 3:13:17 PM