# 2.4 ワールド オブ モジュールのメイクコード(MakeCode)専用ブロックについて

# 拡張機能(ライブラリ)について


MakeCodeでは、利用するセンサー・モジュールや製品に応じて、拡張機能(ライブラリ)を追加することが可能です。 全てのセンサー・モジュールや製品にライブラリがあるわけではありません。ライブラリはメーカーや有識者等によって作成されるモノです。

予め各メーカーにて、各自の製品のライブラリを作成することで、ユーザはそのライブラリをMackCodeの該当プロジェクトに追加(インポート)することが可能です。 そうすることで、用意された専用ブロックを利用して、より簡単にそのセンサー・モジュールや製品のコントロールが可能です。

中上級者においては、ライブラリがなくても、それぞれのセンサー・モジュールの動作原理が理解できれば、それに合わせてコントロールすることも可能です。 ライブラリはあくまで、そのコントロールをより簡単にしてくれるツールです。

# 拡張機能の追加方法

※ライブラリのインポート方法

No. 画像                                    手順 確認
01 inport-library-01 Google Chromeを開き、https://makecode.microbit.org/ (opens new window)にアクセス。 makecodeのmicro:bit用画面が表示される。
02 inport-library-02 新しいプロジェクトをクリック。 プロジェクトの名前を入力するウィンドウが表示される。
03 inport-library-03 プロジェクトの名前に「iftiny-inport-library」を入力し、「作成」ボタンをクリック。 プロジェクトを作成。
04 inport-library-04 ブロックエリアの「高度なブロック」をクリック。 非表示のブロックが表示される。
05 inport-library-05 「拡張機能」をクリック。
06 inport-library-06 拡張機能のページが表示される。検索バーで必要なライブラリを検索するか、表示されているよく使われるライブラリを選ぶことが可能。 今回は、検索バーで指定のURLを入力する。
07 inport-library-07 検索バーで「https://github.com/YahboomTechnology/Module-World」を入力し、検索する。
08 inport-library-08 該当ライブラリの内容が表示される。クリックしてインポートを行う。 必要としているライブラリであることを確認。
09 inport-library-09 ライブラリをインポート。
10 inport-library-10 ブロックエリアに該当ブロックが追加される。
11 inport-library-11 「ModuleWorld_Digatal」をクリックし、該当モジュール用ブロックを表示。
12 inport-library-12 「ModuleWorld_Analog」をクリックし、該当用ブロックを表示。
13 inport-library-13 「ModuleWorld_PWM」をクリックし、該当モジュール用ブロックを表示。





参考:本製品は、イフティニー ストアでお買い求めいただけます



当社はmicro:bitの公認正規販売店です。国内のmicro:bit利用推進を行っております。

micro:bit専門ストア「イフティニー ストア(iftiny store)」 (opens new window)にて、各種micro:bit関連製品の販売をしております。

micro:bit専門ストア (opens new window)




# 温度湿度センサーモジュール



temperature-humidity-module-01


# 仕様

項目 詳細
種類 デジタル
動作電圧 3.3V / 5V
GND グランド(Ground)
OUT シングルバスのデジタルシグナルを出力
NC 接続不要
VCC 電源 3.3V / 5V
測定範囲 温度:0〜50℃
湿度:20-90%RH
精度 温度:±2℃
湿度:2±5%RH
分解能 温度:1℃
湿度:1%RH


# MakeCodeブロックの利用方法


温度・湿度センサーモジュールをmicro:bitのPO,P1の該当ポートに接続し、以下のブロックを使って、 温度・湿度を取得することが可能です。

temperature-humidity-module-02


以下ののプログラムを利用すると、常に現在の温度・湿度をmicro:bitのディスプレイに表示します。

temperature-humidity-module-03

※ micro:bitにプログラムを書き込んでも、測定値が表示されない場合、micro:bit背面のリセットボタンにて、リセットをしてください。


測定する対象を温度(摂氏、華氏)、湿度から選択することが可能です。

選択 内容
temperature(℃) 温度(摂氏、華氏)
temperature(°F) 温度(摂氏、華氏)
humidity(0-100) 湿度

temperature-humidity-module-04


接続するポートを選択することが可能です。

temperature-humidity-module-05






# 超音波距離センサーモジュール



ultrasonic-module-01


# 仕様

項目 詳細
種類 デジタル
動作電圧 3.3V / 5V
GND グランド(Ground)
ECHO 受信信号
TRIG 送信信号
VCC 電源 3.3V / 5V
検出距離 2cm〜500cm
精度 0.5cm


# MakeCodeブロックの利用方法


超音波距離センサーモジュールをmicro:bitのPO,P1の該当ポートに接続し、以下のブロックを使って、 障害物までの距離を取得することが可能です。

ultrasonic-module-02


以下ののブロックを利用すると、常に現在の計測距離をmicro:bitのディスプレイに表示します。

ultrasonic-module-03


接続するポートを選択することが可能です。

ultrasonic-module-04






# 赤外線人感センサーモジュール



human-body-infrared-module-01


# 仕様

項目 詳細
種類 デジタル
動作電圧 3.3V / 5V
GND グランド(Ground)
NC 接続不要
OUT シングルバス デジタル信号出力
VCC 電源 3.3V / 5V


# MakeCodeブロックの利用方法


赤外線人感センサーモジュールをmicro:bitのPO,P1の該当ポートに接続し、以下のブロックを使って、 人が近くにいるかどうかを検知することが可能です。

human-body-infrared-module-02


以下ののプログラムを利用すると、人がいる時にmicro:bitのディスプレイに「1」表示し、いない時に「0」表示します。

human-body-infrared-module-03


ブロックには、人がいる・人がいないことを設定することが可能です。

選択 内容
NoPIR 非検知
OPIR 検知

human-body-infrared-module-04


接続するポートを選択することが可能です。

human-body-infrared-module-05






# 赤外線モジュール



infrared-module-01


# 仕様

項目 詳細
種類 デジタル
動作電圧 3.3V / 5V
GND グランド(Ground)
NC 接続不要
OUT デジタル信号出力
VCC 電源 3.3V / 5V


# MakeCodeブロックの利用方法


赤外線モジュールをmicro:bitのPO,P1の該当ポートに接続し、以下のブロックを使って、 センサーの前方近距離に障害物があるかどうかを検知することが可能です。

infrared-module-02


以下ののブロックを利用すると、障害物がある時にmicro:bitのディスプレイに「1」表示し、ない時に「0」表示します。

infrared-module-03


ブロックには、障害物がある・ないことを設定することが可能です。

選択 内容
Obstacle 障害物あり
NoObstacle 障害物なし

infrared-module-04


接続するポートを選択することが可能です。

infrared-module-05






# ボタンモジュール



button-module-01


# 仕様

項目 詳細
種類 デジタル
動作電圧 3.3V / 5V
GND グランド(Ground)
NC 接続不要
OUT ボタンを押すとローレベル(Low level)が出力される
離すとハイレベル(High level)が出力される
VCC 電源 3.3V / 5V


# MakeCodeブロックの利用方法


ボタンモジュールをmicro:bitのPO,P1の該当ポートに接続し、以下のブロックを使って、 ボタンを利用することが可能です。

button-module-02


以下ののプログラムを利用すると、ボタンを押した時にmicro:bitのディスプレイに「1」表示し、離した時に「0」表示します。

button-module-03


ブロックには、ボタンを押した・離した動作を設定することが可能です。

選択 内容
Press 障害物あり
Release 障害物なし

button-module-04


接続するポートを選択することが可能です。

button-module-05






# 環境光センサーモジュール



photosensitive-module-01


# 仕様

項目 詳細
種類 デジタル
動作電圧 3.3V / 5V
GND グランド(Ground)
NC 接続不要
OUT ボタンを押すとローレベル(Low level)が出力される
離すとハイレベル(High level)が出力される
VCC 電源 3.3V / 5V


# MakeCodeブロックの利用方法


環境光センサーモジュールをmicro:bitのPO,P1の該当ポートに接続し、以下のブロックを使って、 光の強度を返します。戻り値は0から1024です。光の強度が大きいほど、戻り値は大きくなります。

photosensitive-module-02


以下ののプログラムを利用すると、環境の光の強度をmicro:bitのディスプレイに数値で表示します。

photosensitive-module-03


接続するポートを選択することが可能です。

photosensitive-module-04






# ロッカーモジュール



rocker-module-01


# 仕様

項目 詳細
種類 アナログ
動作電圧 3.3V / 5V
GND グランド(Ground)
Y Y軸方向の座標アナログ値を出力
X X軸方向に座標アナログ値を出力
VCC 電源 3.3V / 5V

ロッカーモジュールは、X軸とY軸のアナログ値を出力できる2つのチャネルを備えたポテンショメータと見なすことができます。
初期出力のX値とY値は512です。
各ロッカーの違いにより、初期化値が少し異なる場合があります。
ロッカーモジュールの値はX軸の左から右に向かって増加し、ロッカーモジュールの値はY軸の下から上に向かって減少します。(X軸とY軸の出力アナログ値の範囲:0〜1023)

ケーブルポートの方向は、Y方向の下方向です。これを目印として、X方向とY方向を認識しやすいです。
X軸方向が左に移動すると、出力X値は小さくなります。
X軸方向が右に移動すると、出力X値が大きくなります。
Y軸方向が上に移動すると、出力Y値が大きくなります。
Y軸方向が下に移動すると、出力Y値が小さくなります。


(最小値)
X軸中央
(最大値)
0 512 1023

(最大値)
Y軸中央
(最小値)
(ケーブルポート方向)
1023 512 0


# MakeCodeブロックの利用方法


ロッカーモジュールをmicro:bitのPO,P1の該当ポートに接続し、以下のブロックを使って、 ジョイスティックとして利用することが可能です。

rocker-module-02


以下ののプログラムを利用すると、ジョイスティックを動かす方向に対応した矢印が表示されます。

rocker-module-03


ブロックには、ボタンを押した・離した動作を設定することが可能です。

選択 内容
NoState 動かしていない状態
Up
Down
Left
Right

rocker-module-04


接続するポートを選択することが可能です。

rocker-module-05






# サーボ



gray-servo-b02


# 仕様

項目 詳細
種類 PWM
名称 Gray Servo (B02)
動作電圧 4.8 - 6V
無負荷回転速度 0.12 ± 0.01 sec/60°
無負荷電流 90 ± 20mA
停止トルク 2 ± 0.2kg-cm
最大トルク 2000g * cm
角度の範囲 0 - 360°
パルス幅 パルス幅は角度値(0 - 360°)に応じて(500-2500us)
黒(濃茶)ケーブル GND
赤ケーブル VCC
黄ケーブル 信号


# MakeCodeブロックの利用方法


付属のサーボ(グレー)を拡張ボードのサーボ専用のP1ポートに接続し、以下のブロックを使って、 サーボを0°の位置に回転させます。

gray-servo-b02


以下ののプログラムを利用すると、360°対応サーボが(「Geekservo」の印を前面にした場合)、0°の位置に回転し、時計回りの回転を始めます。1秒間隔で、90°を回転します。360°に達すると、反時計回りに回転します。1秒間隔で、90°を回転します。それを繰り返します。

gray-servo-b02


回転する角度を指定することが可能です。

gray-servo-b02


接続するポートを選択することが可能です。

gray-servo-b02






# 色認識モジュール



color-recognition-sensor-01


# 仕様

項目 詳細
種類 I2C (IIC)
動作電圧 3.3V / 5V
GND グランド(Ground)
SDA I2Cデータ送信インターフェイス
SCL I2Cタイミング伝送インターフェース
VCC 電源 3.3V / 5V

注意:このモジュールを接続できるのは、IICのポートのみです。



# MakeCodeブロックの利用方法


色認識モジュールは、個別のライブラリとして用意されていますので、個別でインポートする必要があります。

※ ライブラリのURL: https://github.com/YahboomTechnology/module_world_color
※ インポート方法は、上記拡張機能の追加方法をご参考ください。

ライブラリをインポート(機能の追加)すると、以下のブロックが使えるようになります。

color-recognition-sensor-02


このブロックは、認識した色を、R値(Red:赤)、G値(Green:緑)、B値(Blue:青)の三つの数値に分けて値を取得します。 (R値、G値、B値の3つの戻り値があります。)
この三つの数値で、認識した色を判定できるようになります。

color-recognition-sensor-03


以下ののプログラムを利用すると、認識した色のR値、G値、B値を表示できます。
わかりやすくするため、Rの文字をディスプレイに表示した後に、R値を表示しています。 G値、B値も同様です。

color-recognition-sensor-04


R値、G値、B値の選択は以下で行うことが可能です。

color-recognition-sensor-05






# デジタルチューブモジュール



digital-tube-module-01


# 仕様

項目 詳細
種類 I2C (IIC)
動作電圧 3.3V / 5V
GND グランド(Ground)
SDA I2C データ送信インターフェース
SCL I2C タイミング送信インターフェース
VCC 電源 3.3V / 5V
デジタル I2C ベース アドレス 0x34
デジタル レジスター I2C ベース アドレス 0x24
ドライバーチップ TM1650
デジタル チューブ モデル 0.36インチ 4桁
ネガティブ デジタル チューブ

注意:このモジュールを接続できるのは、IICのポートのみです。



# MakeCodeブロックの利用方法


デジタルチューブモジュールは、個別のライブラリとして用意されていますので、個別でインポートする必要があります。

※ ライブラリのURL: https://github.com/YahboomTechnology/tm1650
※ インポート方法は、上記拡張機能の追加方法をご参考ください。

ライブラリをインポート(機能の追加)すると、以下のブロックが使えるようになります。

digital-tube-module-02


デジタルチューブモジュールは、文字と数字の表示を選択できます。 下記のプログラムでは、数字1234を表示します。

digital-tube-module-03






Last Updated: 3/31/2022, 3:13:17 PM