# デジタル赤外線モーションセンサー の利用方法




本ドキュメントは、デジタル赤外線モーションセンサー(Gravity: Digital Infrared Motion Sensor)の概要、特徴、利用方法について説明します。

Gravity: Digital Infrared Motion Sensor




# 本ドキュメントの目的


  • デジタル赤外線モーションセンサーの概要説明
  • デジタル赤外線モーションセンサーの仕様説明
  • デジタル赤外線モーションセンサーに関する利用方法の説明


# Gravity: Digital Infrared Motion Sensorの概要


Gravity: Digital Infrared Motion Sensorは、DFRobot社が提供するデジタル赤外線モーションセンサーです。


電源を入れて、センサーが静止している部屋のスナップショットを取得するまで1~2秒かかります。その間に何か動くと、「アラーム」ピンが「Low」になります。

このセンサーは、検出可能角度の範囲内で、赤外線の熱を検知します。人間やペットなどが発するエネルギーをセンサーが検知し、スナップショットと比較した結果、変化があればアラームが作動します。

Gravity: Digital Infrared Motion Sensorの付属品


# Gravity: Digital Infrared Motion Sensorのご購入


当社micro:bit専門ウェブショップ「イフティニー ストア(iftiny store)」 (opens new window)にてお求めいただけます。




# Gravity: Digital Infrared Motion Sensorの特徴・仕様


  • 簡単に接続できるインターフェース
    インターフェースは、DFRobot社標準のPH2.0-3P Gravity Verticalインターフェースを採用しています。
    Gravity: Digital Infrared Motion Sensorのコネクター

    Arduino、Raspberry Piなどの3.3V/5Vコントローラとの接続が可能です。
    micro:bitとの接続は、拡張ボード等を経由して行うことが可能です。

    Gravity: Digital Infrared Motion Sensorのラベル

    No. ラベル 詳細
    1 1 デジタル信号出力
    2 2 VCC
    3 3 GND
    4 4 ジャンパーの選択:繰り返し可能なトリガーと繰り返し不可能なトリガーの選択。
    H:繰り返し可能なトリガー
    L:繰り返し不可なトリガー
    5 5 ポテンショメータ:トリガーの待ち時間を0.5秒から50秒に調整します

    Gravity: Digital Infrared Motion Sensorのポテンショメータ




TIP

正しく検知しない場合、以下の設定をご確認ください。

  • センサー背面ジャンパーの選択(Gravity: Digital Infrared Motion Sensorの特徴・仕様:ラベル4番)
  • センサー背面ポテンショメータの設定(Gravity: Digital Infrared Motion Sensorの特徴・仕様:ラベル5番)

# Gravity: Digital Infrared Motion Sensorの規格


項目 詳細
タイプ デジタル
動作電圧 5V
電流 50μA
動作温度 0℃〜+ 70℃
出力レベル(HIGH) 4V
出力レベル(LOW) 0.4V
検出角度 110度
検出距離 7メートル
ピンの定義 1 : Digital signal output, 2 : VCC, 3: GND
インターフェース PH2.0 3P (デジタル)
寸法 28mm×36mm
重量 10g(袋を含む)

Gravity: Digital Infrared Motion Sensorの内部




# Gravity: Digital Infrared Motion Sensorの付属品


付属品 個数
デジタル赤外線モーションセンサー (Gravity: Digital Infrared Motion Sensor) 1
PH2.0(センサー側)-3Pin(コントローラ側)
コネクタ付きケーブル
1

Gravity: Digital Infrared Motion Sensorの付属品







# micro:bitでの利用方法


本説明では、例として、micro:bitに拡張ボードmicro:Mateを装着し、本センサーを利用する方法を説明します。


# ハードウェアの接続


No. 手順 確認
01 micro:Mate単体で
付属ボルトとナットで固定する
ボルトをmicro:Mateの正面から挿入し、
背面にナットを装着して固定
02 micro:Mateとmicro:bitを
付属ナットで固定する
micro:Mateを前に、
micro:Mateの背面とmicro:bitの正面を接続
03 センサーにケーブルを装着
今回はセンサー付属ケーブルを利用
正しく装着されていることを確認
04 センサーのケーブルコネクター(3Pin)を
micro:Mateのデジタルコネクター16番に装着
ケーブルの色が合っていることを確認
05 micro:Mateの電源ON(5V) 5V点灯していることを確認



# プログラミング


No. 手順 確認
01 MakeCodeを起動し、プロジェクトを作成 ブロックエディター画面が表示される
02 以下を参照しプログラムを作成 下記と同じであることを確認
03 端末とmicro:bitと接続し、
プログラムをmicro:bitに保存
USBはmicro:Mateではなく、
micro:bitに接続していることを確認し、保存



# MakeCode ブロック






# MakeCode JavaScriptコード



let digital_signal_out = 0
basic.forever(function () {
    digital_signal_out = pins.digitalReadPin(DigitalPin.P16)
    if (digital_signal_out == 1) {
        basic.showIcon(IconNames.StickFigure)
    } else {
        basic.clearScreen()
    }
    basic.pause(1000)
})




# MakeCode pythonコード


digital_signal_out = 0

def on_forever():
    global digital_signal_out
    digital_signal_out = pins.digital_read_pin(DigitalPin.P16)
    if digital_signal_out == 1:
        basic.show_icon(IconNames.STICK_FIGURE)
    else:
        basic.clear_screen()
    basic.pause(1000)
basic.forever(on_forever)



# QRコード

カメラでQRコードをかざすことで、簡単にMakeCodeにアクセスし、上記サンプルコードを使うことが可能です。

Gravity: URM09 Ultrasonic Sensor (Trig)プログラムサンプルQRコード





# Arduinoでの利用方法




# ハードウェアの接続


デジタル赤外線モーションセンサーとLEDモジュールをArduinoに接続します。

Gravity: Digital Infrared Motion SensorとArduinoの接続




# プログラミング


const int buttonPin = 2;
const int ledPin =  13;
void setup() {
  pinMode(ledPin, OUTPUT);
  pinMode(buttonPin, INPUT);
}
void loop()
{
   if (digitalRead(buttonPin) == HIGH)
   {
     digitalWrite(ledPin, HIGH);
   }
   else {
     digitalWrite(ledPin, LOW);
   }
}



Last Updated: 8/21/2021, 6:00:08 PM